節分

 節分でしたね。
 124年ぶりに2月2日の節分
 色々調べてみました。
 うむうむ。なかなかややこしい。
 でも子どもたちの世界ではこの変化からいろんな探求へとつながった話なども耳にしました。
 子どもの疑問ってやっぱりすごいですね。

 って、前置きは置いておいて
 うらなかさん家も節分です。
 息子は朝から保育園に行くのを嫌がってました。
 そりゃ〜嫌だよね。
 怖いもん
 でもね、怖いものがいるって大切なこと
 保育園では極度にただ怖がらせるだけをするわけでなくってきっと先生たちはこの節分に向けて
 子どもたちのことを考えてどうしたらいいか?と話し合ってくれてるはず!
 だから息子には「行ってこい!やっつけてきて!」とハグをして送り出しました。
 案の定、保育室に入るまでにはかなりの時間が要したとか・・・笑
 何事も経験。

 そしてね。うらなかさん家の節分の準備をバタバタバタ〜〜〜とするのです。
 今年も鬼を作ります。
 小さな息子ちゃんは家で作ってました。こりゃまた可愛いやないか〜い!って鬼でした。

 今年の鬼は
 3人お面出現バージョン!キン肉マンでいうと阿修羅マンですよ。
 でもね手がなくなるのね〜笑
 まぁまぁそれはよしとして作りました。

 作っていきます。制限時間2時間!


赤鬼のお面を装着して、両手に青と緑を取り付ける。
これで完成。いや、服がバレるということで服を作って夜に備えました。
(昨年怪しまれた経験から・・・)
あ〜写真がない。今度とりますわ。

もちろん寿司屋さんでの学生時代のバイト経験を生かし巻き巻き海苔巻き担当大臣でした。

 

まきまき海苔巻きをみんなで食べて、豆の準備して
とーちゃんは仕事の電話に行ってると、「鬼は外〜福は内〜」が始まり。
鬼登場!
いや、小さい息子何故そんなに笑って!突進してくるんだ!
大きな息子、気合です!頑張ってまきました。

その後、鬼がきになるようで動画を見せてもらって
息子「あれ?鬼?後ろ髪ある!?」
(し、しまった。服装は完璧やったけども・・・鬼のお面の後ろを考えてなかった。
動画って恐ろしいやん。)と思っていると
「人間が鬼になってしまったんとちゃう?」
の声
(おぉ天の声!)
息子「そうか・・・そやでか・・・・怖いなぁ。でもさ手なかったなぁ」
(え?ここに気づく!?すごいやん)
「ほんまやなぁ。手ない鬼もおるんやなぁ。顔3つは怖いなぁ」
息子「うん。怖かった。もう鍵しめたし、イワシもしたし、柊しかたら大丈夫」
そやね。
と・・・・
鬼がやってきましたとさ。

節分でした。

小さな息子の鬼のお面!何よりも素敵!

おしまい。

こちらの記事もどうぞ