かんだ保育園「こうちゃんとあそぼう造形あそび」(愛知県大府市)

かんだ保育園での造形あそびでした。(11月12日)

朝雨が降っちゃって、急遽場所を室内で行うことになった造形あそび。朝早くから保育士さんとともに準備を進めていきました。今回は一度に同じことをするのではなく各年齢にあった内容での造形あそび。

(急遽室内、どこでするかをしっかり話し合います。室内の音の環境などもしっかり考え、子どもたちがゆっくり、じっくり集中できる環境はここならいいかもしれない。と準備していきます。「かもしれない」とイメージしていくこと。大切!!)

小さいクラスは前回の経験から、大きいクラスはちょっとチャレンジとワクワクな時間となりました。

初めはとりかかるのに時間がかかった子

気になっていたんだけど、やり終えた子が少しずつ減っていくと仲良い友達と二人でゆっくりと遊ぶ姿が見られました。大人数なら難しいこともクラス単位で行うことで見えてきたところでした、そしてゆっくりと取り組める時間と環境。とても大切だと感じます。

とってもいい笑顔が見れてよかった。

色の塗り方が色々で面白い!今まではみんなで製作だったのですが、今回初の取り組み個人で作っていく「家」作り。

長期スパンで作っていく。年中の取り組み

これもいるだろうな?こんな本があったら見るかも!?と色々と子どもの興味関心に合わせて楽しんで進んで行って欲しいなぁ。素敵な家ができるんだろうなぁと出来上がり、過程をともに過ごせないのが残念。

 

小さい組さんの写真が載せれないのが残念。なんという時間でしょう!一人一人がじーっと色の遊びを楽しんだり、塗るのを楽しんだり。久々にくる僕を見て泣く子なんて全くいなくていっしょに遊ばせてくれます。

 

さぁて!作ったものは飾る!そして、今度かんだ保育園ではリトルアーティスト展というものがあるらしい。

もうこのまま見てもらったら十分ですが!見せ方も大切ということでその打ち合わせもしつつ、今回の作品こんなのできました〜の展示。

一体どんな展示になるのか、色々先生と話し合ってワクワクを膨らませていきます。

どうしても「こうしたい」という思いで進んでいくので、作品作品を見て、見る方向を変えたりしていきます。

そこから見えてくるものはまた違った視点、観点!楽しくいきましょう!

リトルアーティスト展楽しみです。見にいきたいなぁ。

 

ドキュメンテーションもしっかり貼ってあります。

 

(ドキュメンテーション:写真配置kouichi  文字/文:motoko)

 

また来月会いましょう!!!

こちらの記事もどうぞ